家賃家主直接入金のデメリット

2020.10.23



以前、地元物件を中心に行っていた自主管理。

当然、毎月の家賃入金確認も自分で行っていました。



ここ数年、多くの物件を資産組み換えで売却した結果、

現在保有している物件は、ほぼ全て管理会社様に管理委託しています。






とにかく楽です。



家賃の入金確認だけならまだしも、

2か月に1回の水道料金入金チェックがあると、1円単位での照合が必要。



たまに間違える入居者様もおり、都度連絡が必要でした。



これら作業を代行してもらえるのが管理委託のメリットですね。

しかし、ある管理会社様だけ家賃等入金口座が当方口座になっています。



「弊社は家賃等を預からないことで家主のリスクを回避します」

と歌っています。



確かに過去、収納代行付きの家賃保証会社が倒産して、

1か月分の家賃が回収できなくなったという事例はあります。



しかし、それ以上に毎月、家賃入金確認が必要な上に、

管理委託費を毎月管理会社様に振り込む必要があります。



管理会社様で家賃を一括集金して送金希望でお願いしていますが、

会社のポリシーとかで検討して頂けません^^;




管理や入居付けは素晴らしいので文句無いです。

管理会社様は満室運営と管理スキルの高いのが一番。



そこは素晴らしいので、しばらくはこれで様子を見ますが、

家賃入金管理の手間が課題です。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 16:40 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする