防音性能とノイズキャンセリング

2020.10.24



最近の住宅は、防音性能がより求められるようになりました。

壁や床に制振材等を入れたり構造で防音性能を上げることが多いですね。



近年では楽器演奏可能の防音マンションも多数登場しています。



そういえば、というか、ふと思ったのですが、

マイカーにBOSE製「ノイズキャンセリング」が付いています。



不快に感じられるエンジン回転数のこもり音を、オーディオアンプと車室内に設置したマイクロフォンでモニターしながら逆位相の制御音で打ち消し軽減。
車載のオーディオシステムを活用することで、吸音材や防音材、重たいダンパーなどハード部材を削減し、結果的に、燃費改善にも貢献します。



確かに、走行時のエンジン音やタイヤ走行音が車内でほぼ聞こえません。

窓を開けると違いを実感できます。




数年前、クラウドファンディングで企画された商品の一つに、

身の回りの騒音をかき消す効果を謳う機械「MUZO」がありました。




muzo.jpg





部屋に置いて使用するタイプ。



当時、結構お金が集まっていましたが、その後、全く評判を聞かないので、

車の密閉された小空間とは勝手が異なり性能がイマイチなのかな。



部屋でも遮音される装置なら一定の需要はありそうですが。。。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 16:00 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする