無駄だと思った資格も「価値」

2020.12.14



だいぶ昔ですが、簿記の勉強をしていました。

不動産賃貸業を始めるよりもだいぶ前、サラリーマン時代のお話。


money_choubo.png





20代後半の頃、資格オタクになっていた時期がありました。



資格をたくさん取得すれば、社内での評価が上がるかなと、、、

サラリーマン時代、そんな安易な感覚で色んな資格を取得していました。



危険物や高圧ガス関連等、当時の仕事で使える資格が多かったのですが、

もし偉くなれたら(大笑)経営学も必要かなと簿記の勉強もしていました。



会社員時代、ラットレースにどっぷり漬かっていた頃の話です。




結局、不動産賃貸業に出会い、会社員は辞めたのですが、

当時取得したこれらの資格が今、以外と役立ってます。



簿記は自分の資産管理会社の経営判断に役立っています。



高圧ガス関連はプロパンガス会社と交渉するとき、

営業から業界通の人だと勝手に見られ、怪しい提案があまりありません。



危険物取扱者は消防法が理解できるのでビルメンテに有利です。

(自分ではやりませんが、、、)




会社員をやめて、無駄だと思っていた資格。

人生の中でどこでまた役立つかわかりませんね。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 16:00 | Comment(2) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする