埋没原価に影響を受けない

2020.12.16



会計用語に『埋没原価』というのがあります。



埋没原価とは、すでに発生していて取り戻すことのできない費用で、

どのような選択肢を取っても発生する費用のことをいいます。



過去に事業投下した資金など、すでに支出が行われているものであり、

本来なら、現在の意思決定には影響がないものになります。



しかし現実には、、、不動産賃貸業でも、

この埋没原価が悩ましい存在となることがしばしばあります。



不動産賃貸業に本来影響を与えるものではない埋没原価という存在が、

経営者の心理に微妙に働きかけ、その判断力を鈍らせてしまうのです。



大家の会等で出会った方でも、こういった方を見てきました。




例えば、2億円で不動産投資している方がいるとします。



残念ながら、この不動産投資を継続するとさらに2億円の損失が見込まれ、

この不動産投資をすぐに撤退すれば、追加損失は1億円で済むと仮定します。



合理的な経営判断をするなら、より損失の少ない撤退を選択するはずです。



しかし、これまでに頑張って投じた2億円を考慮してしまうことで、

心理的な影響が働き、撤退の判断が遅れてしまうことがあります。



このように埋没原価について考慮してしまうことで、

経営者としての合理的な判断力を鈍らせてしまう場合があるのです。



埋没原価はすでに発生してしまった費用であり、

未来の意思決定では、今後発生する費用と利益だけで判断することが大事。




失敗をすぐに認めるのはなかなか難しいことです。



しかし過去の失敗は、それを取り戻すことに終始するためではなく、

新たな意義ある選択をするためにこそ役立つもののはずです。



不動産賃貸業に限らず、どんな事業にも当てはまる原理原則。

とても大事なことだと思います。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 16:00 | Comment(2) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする