ガス設備 吹っ掛け『取得金額』

2021.01.20



プロパンガス会社の切り替え。

色々とトラブルがあった結果、やむを得ず手続き中の所有物件があります。



(イメージ)

dtfryguhijo.jpg





所有者である当方が新ガス会社に委任状を提出。

その後、新ガス会社は旧ガス会社に設備買い取りの見積もりを依頼します。






この時、吹っ掛けられる事例がかなり多いです。


・やってもいない設備投資を架空計上
・いい加減な(法外な)取得金額

などなど。



通常は新旧ガス会社同士の話し合いで内々に決まる事がほとんど。

所有者に詳細が来ることはありません。



しかし、法外な金額で新ガス会社が設備を取得してしまうと、

間接的に入居者様のガス料金が(割高になって)影響してきます。




今回、旧ガス会社から新ガス会社に提示された見積もりを入手。

驚愕しました。



・固定資産の取得金額が異常に高い(投資していない設備を架空計上?)
・償却金額の計算がおかしい

などなど。



もうびっくりです。



新旧ガス会社さんは同業で、また商習慣的に、、、あまり強く言えないので、

私がかわりに?旧ガス会社に強くクレーム電話。



見積書のおかしい箇所を理詰めで問い詰めました。

結果、、、適正な買取金額見積もりになりそうです。



知らないということは怖いこと。

日常のガス料金チェックと合わせ、切り替え時のチェックも重要です。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 17:59 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする