大阪ミナミ 20%超の地価下落

2021.01.27



コロナ禍で訪日外国人観光客が激減。

大阪1等地の地価は予想以上に暴落が進んでいます。


コロナで20%超の地価下落、
大阪・心斎橋筋や道頓堀の路線価を一部引き下げ

1/26(火) 読売新聞オンライン



国税庁は26日、相続税や贈与税の算定基準となる2020年分の路線価について、新型コロナウイルスの影響で20%を超える大幅な地価下落が確認されたとして、大阪市中央区の一部で引き下げると発表した。

大規模災害を除き、路線価が補正されるのは初めて。

東京都や名古屋市などでは20%未満の下落にとどまり、
補正は見送られた。


(中略)


国税庁が昨年9月末時点で全国の地価を調べたところ、同1月と比べて、大阪市中央区の「心斎橋筋2」「宗右衛門町」「道頓堀1」の3地点で、それぞれ23%の下落が確認された。

コロナ禍で訪日外国人観光客が激減し、
土地需要が減退した影響とみられる。


路線価は地価の8割程度が目安のため、地価の下落が20%を超えると路線価の方が高くなり、算出される税も高くなってしまう。

このため、路線価を引き下げ、
税額の適正化を図る必要があると判断した。

3地点では補正率「0・96」を掛けて価格を算出する。


今回の調査ではこのほか、大阪市中央区の9地点(17〜19%)と名古屋市の「中区錦3」(16%)の計10地点で下落率が15%を超えた。

都内で最も下落幅が大きかったのは「台東区浅草1」の12%だった。


国税庁は今後、昨年10〜12月の地価についても調査を行い、同様に大幅な下落が確認されれば、路線価の引き下げを検討する。



全国の中で、大阪が一番訪日外国人需要に頼っていたとも言えます。

今回、路線価を4%減額しても、2015年比でまだ4倍以上高いです。




dfyghj.jpg





ワクチン効果で底が見えたら一気に復活すると思いますが、

どのタイミングになるか興味深いです。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 18:30 | Comment(2) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする