居室っぽい「納戸」申請

2022.03.19



居室っぽい部屋を、確認申請では「納戸」として申請する事があります。



居室っぽい部屋(=納戸)というのは、一見、

クローゼットや収納、窓があり、普通の部屋にしか見えません。



居室にしか見えないのに、なぜ納戸やサービスルームと表記されるのか?

敷地に余裕が無く、採光確保ができてないから、というのが多くの理由です。



居室は、採光・換気・排煙の3つの要件を満たす必要がありますが、

採光の確保が一番難しいです。



1棟新築賃貸マンションで、敷地に対して投資効率を追求すると、

どうしても採光が確保できず、やむを得なく「納戸」とする場合があります。



建築基準法上、最低限必要な室は4つ。

@寝室(居室) A便所 B浴室 Cキッチン



つまり、一部屋でも採光確保できている部屋があれば、

それ以外の部屋は法的に全部納戸でもいいという事になります。



賃貸用2LDK間取りでは、多くが1室「納戸」になっています。



建築中の新築物件。

採光を確保するために窓の方向を変えた結果、出窓風になりました。



無題.png





歪な形ですが、、、居室面積増えたので良しとしましょう^^




人気ブログランキング



posted by ゴン at 16:00 | Comment(0) | 32.札幌マンション12号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

排気煙筒付近からの水漏れ

2022.03.20



札幌マンション1号。

一部屋で昨年から不定期に続く室内水漏れ事故があります。



当初、階上の外壁破損部や排気煙筒の接続部からの水侵入を想定し、

都度、外壁コーキングや排気煙筒の接続部を補修してきました。



しかし根本原因発見に至らず。。。



この冬、この場所を確認してもらうと、

外壁の排気煙筒ラインで上から下まで縦に不自然に凍結していました。



IMG_9046.jpg

IMG_9045.jpg





この写真だけ見ると屋上から漏水しているように見えます。

雪が溶けたら本格的に調査、補修したいと思います。




人気ブログランキング



posted by ゴン at 16:00 | Comment(0) | 1.札幌マンション1(A)号・2(B)号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EV充電設備 最大400万円補助金

2022.03.21



令和3年度補正予算(案)で、

EV充電設備関連への補助金が拡充されるのは確認していました。



NHKが一昨日報道した内容によると、

「高圧受電設備」への導入補助金が拡充されるとか。



思い切りましたが、、、



EV充電 マンション設備で最大400万円の補助金の方針 経産省
2022年3月19日 NHK



EV=電気自動車の普及に向けて、マンションでの充電インフラの導入がなかなか進みません。

こうした課題に対処するため、経済産業省はマンションでの充電器に欠かせない高圧の受電設備を導入する場合、最大で400万円の補助金を支給する方針を固めました。

政府は、2035年までにすべての乗用車の新車をEVなど電動車にする目標を掲げていて、必要な充電インフラの整備を進めています。

ただ、マンションでは設備を導入するには管理組合の合意が必要で、多くのケースで組合から費用を拠出することになり、合意形成が難しいことが課題となっていました。

マンションでのEV向けの充電器には高圧の受電設備を導入する必要がありますが、経済産業省は最大で400万円の補助金を支給する方針を固めました。

具体的には、出力が50キロワット以上90キロワット未満の設備には最大で200万円、150キロワット以上の設備には最大で400万円を補助する方針です。

さらに、充電器の設置費用なども補助することにしています。

日本ではマンションなど共同住宅で暮らす人が4割を超えています。

政府としては、補助金を充実させることでマンションにも設備を導入しやすい環境を整え、EVの普及を促していく考えです。




複数の急速充電設備を導入するには高圧受電設備が必要なのは事実です。



しかしマンション等の共同住宅に今必要なのは、急速充電設備より、

普通充電設備ではないでしょうか?



普通充電設備1台分に必要な電力は3kW。



3kw×16台=48kwなので、16台同時に普通充電を行ったとしても、

低圧受電の範疇に収まるので、高圧受電設備の導入は不要です。



総戸数100戸のマンションで全戸数分の駐車場がある場合、

現在、16台同時に充電を行う状況にはありません。



高圧受電設備への補助金が、EV充電専用に限るのか、それとも、、、

既存設備の更新もOKなのかによって、補助金の無駄使いになりかねません。




人気ブログランキング



posted by ゴン at 17:00 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする