登記簿謄本と登記事項証明書

2010.07.19

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」ブログへようこそ!



前回、法務局の記事を書いていての補足です^^

登記簿謄本登記事項証明書の違いはご存知でしょうか?

現在、
登記簿のデータがコンピューターによって管理されている法務局(以下コンピューター庁という)と、コンピューター庁になっていない法務局(以下ブック庁という)が混在しています。

登記簿謄本はブック庁で交付されるもので、登記事項証明書はコンピューター庁で交付されるものです。
つまり、紙の登記簿からコピーを取ったものは登記簿謄本で、コンピュータからプリンタ出力したものは登記事項証明書というのが正しい文書名ということになります。

謄本とは、原本の内容をそのまま全部写しとった文書のことです。
コンピュータ処理で電子化された登記事項証明書は、コンピュータで文字データに打ち直し、プリントアウトしたものである点で謄本ではありません。

将来的には全て法務局がコンピューター庁になるようですので、登記簿謄本は登記事項証明書に取って代わられると思います。


登記事項証明書=登記簿謄本と思いこんでいる人が多いのですが、登記事項証明書と登記簿謄本は、同じ効力を持っていても、実は別物である事を再認識しておきたいですね^^

と、
偉そうな事を書きましたが、私も最近知りました(笑)




posted by ゴン at 21:33 | Comment(6) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボクが見ていたのは登記事項証明書だったんですね^^

先の記事にあったオンライン申請システムもそうですが、

何でもコンピュータって便利な世の中ですねぇ。

それによって全てを支配されていっているわけですが・・・。
Posted by ともきち at 2010年07月20日 08:52
不動産関係の書類って色々ややこしいので、
コンピューターで一元管理されるとわかりやすくなって
いいかもしれませんね。
Posted by みんなでお金持ち at 2010年07月20日 10:31
ほんとにややこしいですね。
証明書関係はすべてオンライン化して
カードで決済して家で出力できるシステムになったら便利だし、
どれだけ役人が減らせるかと思います。。。^^
Posted by グローバル at 2010年07月20日 18:41
ともきちさん

何でもコンピューターの時代ですね^^

コンピューターが知能を持ったら、本当に怖いかもですね。
Posted by ゴン at 2010年07月20日 21:44
みんなでお金持ちさん

手続きの簡素化&利便性アップは大歓迎ですね^^

どんどん便利になってほしいです♪
Posted by ゴン at 2010年07月20日 21:46
グローバルさん

今から10年20年後は、今よりさらに便利になっているんでしょうね。

不動産業界もどのようになるのか楽しみだったりもします^^
Posted by ゴン at 2010年07月20日 21:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: