長屋+戸建

2011.02.16

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ!


物件調査の帰り、こんな建物を見つけました。

CA3A03375.JPG


1階は長屋形式でつながっていますが、2階は各々が独立して一戸建てのように見えます。
面白い造りですよね^^

この物件。
土地をよく見ていませんが、3軒別々に建てるには建築基準法の建蔽率が満たせないか、土地の接道幅が2〜4mしかない場所なのかもですね。

長屋形式で建築しつつ、一戸建て風に建築したかったのでしょうか?
それとも各々が平屋を増築したのか。。。

素人発想なので真意はわかりません^^;


そういえば、長屋の建て替えトラブルのお話し、不動産業者様からよく聞きます。
各所有者様の意向が噛み合わないと大変なんでしょうね。。。


一方で、長屋の再生プロジェクト。
全国各地で耳にするようになりました。
関西では、大阪の空堀や京都市内で長屋リフォームによる有効活用の話しをよく聞きます。

ゲストハウスにしたり、オシャレな店舗にしたり。
建物も新築からストック再生の時代。
綺麗に蘇るのは素敵なことですね^^



posted by ゴン at 20:46 | Comment(6) | 収益物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長屋の再生プロジェクトは素敵で面白そうですね〜
Posted by りょう at 2011年02月17日 00:43
まさに私のもってるテラスハウスと同じです! 1階部分はくっついてるけど、2階は『微妙に』離れてます。
このせいで、秋の落ち葉の季節になると、やっかいなことになってます。面倒です〜
Posted by KOBE★とど at 2011年02月17日 16:04
りょうさん

再生プロジェクト。
参画してみたいです^^
Posted by ゴン at 2011年02月17日 21:23
KOBE★とどさん

こんな物件お持ちなんですね!

他にも結構、こういった物件あるのかもですね。
なんでこんあ形で建築されたのか興味シンシンデス^^
Posted by ゴン at 2011年02月17日 21:24
なんだかDKの部分だけくっついてても

2階が離れていたら住宅ローンで買えた時代があったって

聞いたことがあります。

もちろん再建築不可ですけどね〜。
Posted by ともきち at 2011年02月18日 00:41
ともきちさん

なるほどです〜。
こんな建物の形、意味あったって事ですね^^

勉強になりました☆
Posted by ゴン at 2011年02月18日 22:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: