震災後の不動産市況

2011.05.28

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ!


東日本大震災から約2ヶ月半。
現地は未だに大きなつめ跡が残っているようです。
被災者様の状況をTVで見るたび、出来るだけ早く復興してほしいと願うばかりです。

そんな中の政局。。。
なんかウンザリデスネ。


さて、過去の大震災と言えば阪神淡路大震災が記憶に新しいです。
この時、その後の不動産市況に与えた影響について振り返ってみました。

・不動産購入意欲の減退
・築古マンションの取引大幅減
・マンション派から戸建派への移行
・一次取得層は、賃貸回帰へ
・一部の資産家は投資目的で積極購入
・自己利用していない所有不動産の処分意欲加速
・自宅への安全性要求が高まる

こんな感じだったでしょうか。
事実として、阪神淡路大震災後、付近の不動産市況はV字回復しました。


しかし、今回の震災はより広範囲で大規模。
東北の多くの製造業も被災しました。

建設資材や住設機器の不足が顕著。
一部で分譲住宅の建築延滞やリフォームがストップしていると聞きます。
さらに原発問題も陰を落としています。


関西の不動産市況。
何社かの不動産業者様に聞きましたが、低価格物件(特に中古マンション)は震災前と変わらず堅調のようです。
一方、高層階から低層階への転居が増加し、湾岸埋立地を敬遠する動きが顕著みたいです。

関西に限らず全国的な傾向かもしれないですね。
今回は人(被災者様等)や企業(拠点シフト等)の動きが大規模。
しばらくは、様々な影響がありそうです。



posted by ゴン at 21:59 | Comment(2) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東日本大震災の影響で刻々と問題が起きてますね〜
ですが、必ず日本は立ちあがれると信じているのですが・・・
今の政治には本当に呆れてしまいます
Posted by りょう at 2011年05月28日 22:46
りょうさん

政治も、復興に役立つ存在であってほしいですね。

しかし、原発が気がかりです。。。
Posted by ゴン at 2011年05月29日 21:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: