更新料「有効」の最高裁判決

2011.07.15

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ!


更新料返還請求訴訟
貸主にとって、画期的な最高裁判決が出ました。


マンション賃貸借訴訟 更新料は「有効」
毎日新聞 7月15日(金)配信


マンションの借り主が賃貸借契約の更新時に貸主に支払う「更新料」は、消費者に一方的な不利益を押しつける「無効」な契約条項だとして、借り主が貸主を相手取り、支払った更新料の返還などを求めた3件の訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)は15日、更新料は「有効」とする初判断を示した。貸主側の勝訴が確定した。

3件の訴訟は高裁で、1件が有効、2件が無効と判断が分かれていた。
地高裁で係争中の同種訴訟は約20件あり、最高裁の統一判断が注目された。

更新料は約40年前から主に京都や首都圏で慣習化しており、契約件数は全国で100万件以上とみられる。

今回の3件は、京都と滋賀のマンションの借り主3人が07〜08年、賃貸借契約で「1年ごとの更新時に月額賃料の2カ月分を支払う」などの条項が盛り込まれたことについて「消費者の利益を一方的に害する契約条項は無効」との消費者契約法の規定に触れるとして別々に提訴。1審は3件中2件を有効、1件を無効と判断したが、2審では無効が2件となった。

上告審で貸主側は「借り主は更新料条項も合意のうえで契約締結しており、踏み倒しは許されない」と主張。
更新料契約が長年続いてきたのは一定の合理性があるからだとの姿勢をみせた。

これに対し、借り主側は「契約時に情報や交渉力に格差がある以上、締結せざるを得ない状況に置かれていた」と反論。
借り主に更新料を支払う義務があると定めた法律はなく、不合理な慣行だと主張していた。

マンション賃貸借契約を巡っては、借り主が退去する際、貸主が敷金の一部を無条件に取得できると定めた「敷引特約」について最高裁が3月、有効とする初判断を示している。



更新料は入居時に合意契約したもの。
個人的(ポジション的^^)には、まっとうな判決だと思います。


先日の関西大家の会懇親会でも、京都の家主様数人と話題になりました。
数年前に更新料無効の地裁判決が出てから、京都では「更新料」をやめる家主様が続出したそうです。

今回、最高裁で更新料有効の判断が確定しましたが、既に賃貸需要と供給のバランスは確実に供給過多。
日本がこのまま元気のない状態が続くようだと、「更新料」継続どころか無くなってしまう運命なんでしょうね。



posted by ゴン at 16:07 | Comment(4) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
更新料は一定の判断が出たのでひとまず線引きが出来ましたね〜
しかし・・・今の世の中(特に政治!!)は更新料よりも香辛料でも使ってピリッとして欲しいです〜

*注、更新料と香辛料をかけてみました〜自己採点は43点です
Posted by りょう at 2011年07月15日 22:15
りょうさん

りょうさん。。。

あの〜、、、4.3点です(笑)
Posted by ゴン at 2011年07月16日 21:14
毎日新聞によると、「借主弁護団は今後、
より本格的に礼金訴訟に取り組んで
行きたい」と・・・。

第三弾の攻防がまだまだ続きそうです(;;)
Posted by hiroko at 2011年07月17日 22:16
hirokoさん

なんか、、、貸金の続く飯の種を探しているみたいでいやですよね^^;

貸主の立場も情報発信していかないとですね。
Posted by ゴン at 2011年07月18日 17:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: