木造3階建て新築マンションの見学会 その1

2012.03.09

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


関西大家の会会員様の取り計らいで、Kさんが建てられた木造3階建て新築マンション見学会が行われました。
30名弱が参加されておられたでしょうか。


物件は大阪南部の立地し、50m2強のファミリー間取り。

木造物件とは到底思えない堂々とした佇まいでした。
入口エントランスを入るとタイル張りの壁がお出迎え。


DSC_0038.jpg DSC_0006.jpg



2LDK×24戸。
全ての部屋の内装が異なっていました。
あまりに盛りだくさん^^
ブログ掲載許可を頂いたので、今回は、24種類の洗面化粧台から一部をピックアップします。


DSC_0034.jpg DSC_0032.jpg

DSC_0011.jpg DSC_0014.jpg

DSC_0025.jpg

DSC_0010.jpg 


こんな感じで全ての洗面化粧台デザインが異なっています。
洗面化粧台とトイレを一体化するとスペース効率が高いですね。

全体的にタイルを贅沢に使っているのが印象的でした。
これだけの種類があると入居者様も選ぶ楽しさがあるでしょうね〜^^

次回は部屋の内装写真アップします。



posted by ゴン at 23:46 | Comment(4) | 収益物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>ゴンさん

タイルでアクセントをいろんな部屋でそれぞれとっていらして素敵ですね(^^)。

洗面台とお手洗いの一体化の効率性は「なるほど」と思う反面、入居者を選んじゃうのかなぁ?と少し感じたのですが、そこはデザイン性でカバーという感じなのでしょうか(^^)。
Posted by ハロルド at 2012年03月13日 10:35
ハロルドさん

>洗面台とお手洗いの一体化
万人受けするデザインではないですね^^

ただ、これからは尖がった物件で気に入って頂いた方にだけご入居頂くスタイルがある意味主流になるかもです☆
Posted by ゴン at 2012年03月13日 21:33
>ゴンさん

 なるほどです。これもある意味、デザイン特化の差別化ですよね。勉強になりますφ(..)メモメモ。
Posted by ハロルド at 2012年03月14日 01:53
ハロルドさん

これからは、
普遍的な物件が一番過当競争になるかもですね^^
Posted by ゴン at 2012年03月15日 01:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: