太陽光発電トラブル

2012.10.24

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


7月から始まっている太陽光など再生可能エネルギーの全量買い取り制度。
最近は太陽光バブルの様相ですね。

多くの方が投資を検討していると思います。
私もその一人です^^

2012年10月01日「太陽光発電の見積内容」



そんな状況に警笛を鳴らす記事が載っていました。
長文ですが、参考になるので全文転記致します。


雨漏りや発電不足… トラブル増加、太陽光発電の落とし穴
日本経済新聞 2012/10/24


太陽光発電装置を自宅に設置する人が増える中、様々なトラブルも目立ってきた。
工事ミスで雨漏りしたり、期待したほど発電しなかったり。
東日本大震災以降のエネルギー問題への関心の高まりもあり、太陽光発電を設置した人は100万人を超えた。
専門家は安易にブームにのることを戒めている。


長野県安曇野市の百瀬稔さん(67)が住宅用太陽光発電をつけたのは2年前の3月。
環境問題に興味があり、売電収入で元がとれる可能性があると知って、地元の電力会社系建設業者に約260万円で発注した。


■設置工事の不備続出、民事調停で再工事

ただ、工事ミスで雨漏りした例があるのを新聞記事で知り、工事中の写真を撮影。
メーカーのマニュアルを取り寄せて工事が正しい手順か調べてみた。すると……。

・太陽光パネルをのせる台を、屋根を支える垂木(たるき)という木材に直接ネジで固定する必要があるのに、屋根の裏側に添え木のようなものをあててネジ留めしていた。強度不足が懸念され、大きな地震でパネルが落下する恐れがある。

・雨漏りするのを防ぐため、ネジ穴にシーリング材を塗って防水処理をするはずなのに、一部で必要な処理がされておらず、メーカー指定のシーリング材も使われていなかった。将来雨漏りが起こる可能性がある。


不備に気づいた百瀬さんは建設業者に抗議。
業者は交渉を渋ったが、結局民事調停を実施し、再び工事をやり直す費用として約500万円の支払いに同意した。
百瀬さんは「つけてしまえば、後は雨漏りしても地震が起きても知らないよ、ということだと思う」と憤る。


■11年度の相談、5割増の約4000件

太陽光発電装置をつけて国の補助金を受けた件数は、2011年度に前年度比26%増の約23万6千件。
今年6月末で累計104万8千件に達した。
肩を並べるようにトラブルも増えており、国民生活センターによると、太陽光発電を中心とするソーラーシステムに関する相談は11年度に約4千件と、前年度に比べ5割近く増えた。

「5年前に太陽光発電を設置。最近になって雨漏りし出したのに、工事業者は誠意ある対応をしてくれない」(近畿地方の40代男性)

「設置工事で屋根がひしゃげ、穴が開いたので分割払いの支払いをやめたい」(四国地方の女性)

設置時の工事ミスのほかに、つけてはみたものの予想したほど発電しない、という苦情も目立つ。

鹿児島市の寺内祐二さん(仮名、57)は06年に自宅の庭とガレージの屋根に設置。
ところが、期待した発電量の8割程度しか発電しない。
販売業者に点検してもらっても「不具合はない」との回答。
屋根より低い場所に水平につけていることが原因と思ったが、今年に入って発電量が約5割まで落ちた。
「最初からパネルが不良品だったのかも」と頭を悩ませている。

住宅リフォームコンサルタントの尾間紫さんによると、東日本大震災で関心が急速に高まり、予備知識がないままに設置した人がトラブルになって相談してくる例が今は多いという。また「阪神大震災の時もそうだったが、災害後にリフォーム関係の悪徳商法が増える傾向にある」と解説する。


■複数業者から見積もりを

業者を見分ける方法はあるのか。
まず、複数の業者から見積もりをとり、発電量や売電収入のシミュレーションをきっちりすることだ。
地域や立地条件、屋根の広さ・形状・方向によって発電量はまちまち、売電収入も異なる。
「『電気代がただになります』と売り込む業者には引っかからないように」と尾間さん。

設置後の発電量が適正かを調べることも可能。
特定非営利活動法人(NPO法人)太陽光発電所ネットワーク(東京・文京)は、同じ地域の人の発電量のデータを比較できるサービスを会員に提供している。

また、施工時のミスを防ぐには、実際に工事をする施工業者が「施工ID」を取得しているかを確認することが必要という。
このIDは、技術者が装置メーカーの研修に参加して、施工方法を身につけたことを証明するものだ。

太陽光発電装置の見積もりサイト「グリーンエネルギーナビ」運営会社の上村一行社長は、さらに「工事ミスがあった時に補償される保険に施工業者が入っているかを確認することも大切」と話す。
IDを持っていたとしても、工事ミスは起こりうるからだ。

太陽光発電は普通100万円以上はする高い買い物。
より慎重な心構えで導入を考えることが重要なようだ。



トラブルを防ぐキーワード。

・複数業者から見積もりを取る
・施工業者が「施工ID」を取得しているか
・工事ミスに備えた保険に施工業者が入っているか



こんな感じでしょうか。

施工業者様の選定においては、
単に価格比較だけでなく、メンテナンスを含めた総合的な判断が必要となりそうです。



posted by ゴン at 20:50 | Comment(2) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
施工ミスで雨漏りが怖いですね。
口コミでいい施工業者さんを探したいですね。
Posted by 投資ビズ at 2012年10月25日 11:20
投資ビズさん

コメントが遅くなりました^^;

価格だけで決めちゃうと危険だと言うことのようです。
たしかにそうなのですが、見分けるのは難しいですよね。

高くてしっかりしていそうでも、施工の酷い業者もありえるので。。。

ご指摘のように、こればっかりは口コミがたよりでしょうか^^
Posted by ゴン at 2012年10月29日 19:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: