機械式駐車場の有効高

2012.12.16

「脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち」へようこそ


大規模修繕を完了し賃貸募集を開始している大阪マンション2号。

募集開始後約2ヶ月が経過。
6室が決まり残り4室となりました。

ファミリー物件といえど、総額で10万円/月を大きく超える賃料設定。
大阪では、法人契約でも10万円/月を越えると需要が極端に減ると近隣仲介業者様から聞いていたので心配でしたが、まあまあのスピード?で埋まっているように思います。

上階の高い部屋から契約が決まっていくのがこの物件の特徴。
家賃設定が大きな原因かもですが、眺望が売りの物件なので必然だったのかもです。

来年の需要期で満室にしてしまいたいです。



ところで、
地下の機械式駐車場でちょっとした問題が起こりました。



IMG_20121214_164515918.jpg



機械式なので車高1550mmまでOK。のはずでしたが・・・、
天井にある配管が後輪あたりを横切っていて、この部分の有効高が1460mm。


昔からあるセダン型であれぼこの部分はトランクなのでこの有効高でも問題無しでした。

 ↓
oka2-M0185.jpg



ところが、最近はトランクが一体となったミニバンやワゴンが増加。

 ↓
oka2-M0186.jpg



後輪あたりまで1550mm近い車両が増えました。
入居者様の愛車によってはこの部分と干渉する恐れも。。。
対策が必要になります。

機械式はメンテナンス費も必要。
やっぱり平面駐車場が一番ですね^^



posted by ゴン at 19:15 | Comment(0) | 14.大阪マンション2号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: