旧耐震と新耐震

2013.09.13



「旧耐震」と「新耐震」
よく聞く言葉ですよね。

耐震基準。
実は、日本が世界に先駆けて一番最初に導入しました。
導入されたのは、あの関東大震災の翌年(大正13年)。

それだけ関東大震災のインパクトは大きかったのだと思います。


我々がよく言う「旧耐震」と「新耐震」の境目は昭和56年。
昭和56年5月以前着工の建物は旧耐震、昭和56年6月以降着工の建物が新耐震となります。
昭和53年に発生した宮城県沖地震が改正のきっかけでした。

「着工を基準にしている」
よく勘違いされますが、昭和57年築だからといって新耐震とは断言できません。


旧耐震の建物は大地震に対するチェックがされてません。
一方、新耐震の建物は、中地震(震度5強程度)に対して損傷しないことに加え、大地震(震度6強〜7程度)に対しても倒壊しないことが要求されています。


旧耐震の建物には融資しない金融機関が多いようです。
建物倒壊リスクを考えての基準でしょう。

しかし、中には旧耐震の建物であっても融資する都市銀行や地方銀行は存在します。

新耐震の建物であっても、手抜き工事、設計ミス、施行ミスが行われていたりします。
旧耐震の建物であっても、新耐震基準並に建築されている頑強建物も存在します。

ようは建物自身を見て判断する。
(実際には素人には分かりませんので建築士さんの診断になりますが、、、)

好立地の築古頑強RC造。
融資する金融機関がある事実を考えると、意外に狙い目だったりすると思います。



posted by ゴン at 21:40 | Comment(0) | 融資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: