建物の大規模修繕

2014.01.15



アパート経営で重要なものの一つに建物の維持管理があります。
日常管理以外にも、計画に基づき定期的な大規模修繕が必要ですね。



recovery_img01.jpg



最近感じるのが資材や職人さん不足。
今年4月の消費税アップをにらみ、3月までに大規模修繕を終わらせようとしている管理組合や家主が多いようです。

外壁塗装工事も通常であれば冬季は閑散期。
しかし、今年はいつもと様子が違いかなり忙しいようです。

特に足場資材の不足は深刻。
外壁塗装をしようにも足場待ちの現場が多いと聞きます。



当方の各所有物件。
順次、状態にあわせ建物修繕を行っています。

現在、所有する9棟の内7棟で完工済み。
残り2棟も今年中に行いたいです。

計画中の大阪マンション1号は築17年。
塗膜にはチョーキング現象がみられ、コーキング打替も必須です。



PAP_0014.JPG jkgfcxh.jpg



改修工事によって、入居者様の満足度アップ&長期入居につなげたいです^^




人気ブログランキング




posted by ゴン at 18:00 | Comment(2) | 4.大阪マンション1号(売却済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホントに、11月ころから、どこを見回してもマンションの足場だらけですよね〜(((^_^;)

実は、先日購入した区分所有でも、間もなく大規模修繕が行われる予定です〜

試算価値がアップしそうで、嬉しいです(^-^)
Posted by ぼうたかBOY at 2014年01月15日 21:27
ぼうたかBOYさん

確かに足場の掛かった建物多いですね。

資産価値の上がった区分。
売却したら・・・、パアーーっと飲みに行きましょう^^
Posted by ゴン at 2014年01月16日 23:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: