改善しない騒音トラブルの原因

2014.10.08



以前記事にした騒音トラブル。


2014.09.15「騒音トラブル」



その後、多少改善しましたがやはり音が気になるとのクレームが断続的に続きました。

なんとか双方をなだめながら対応してきましたが、それも限界。
ついに先日、深夜に待ち合わせで、双方と当方で話し合う事態に。


双方とも物件は気に入って頂いていますが、このままでは退去に繋がります。
他の原因を調査したところ、建物側にも少し問題があるとわかってきました。



問題の?部屋。



DSC_0036.jpg



この部屋は、畳を撤去しそのままCF貼り。
畳が無くなった分(約55mm)低くなり、隙間(赤丸部分)が出来たのでビニール巾木で隠しました。



DSC_0071-507c3-thumbnail2[1].jpg



当然ですが、普通は高さを合わせるために下地を組んでCF貼り。
賃貸なので・・・とコストダウンした結果でしたが、この部分から音が漏れている可能性が考えられます。



快適な住空間を提供するのが家主の役目。
収支だけに走りすぎるとこんな失敗に繋がります。。。


この部屋の手直しを数万円で対応頂けることになったので、入居者様に許可を頂き改修することにしました。
騒音問題、建物側にも少々原因があったようです。

これも勉強ですね。



posted by ゴン at 21:00 | Comment(0) | 18.大阪マンション3号(売却済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: