借金と決算書

2014.11.24



無事、北海道から帰ってきました。

所有物件に関して、各業者様と打合せ等をこなしてきました。


今年も極寒の季節に入ってきましたが、来月から工事予定です。
詳細はまたの機会に書きたいと思います。



+++


世の中3連休ですね。
今週、会計に関する本を2冊読みました。


一冊目は『なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?』がベストセラーになった小堺桂悦郎さんの本。



借金経営のススメ――常識をガラリと変える資金繰りテクニック
小堺桂悦郎(著)






元銀行マンの小堺さん。
常識破りの資金繰りテクニックは読んでいて面白いです。

年商1億2000万円で3000万円の債務超過だった会社が10年後、年商12億円で5000万円の純資産の会社に。
収益物件を購入し、様々なテクニックを駆使したその経緯が書かれています。


カードローンを勧めているのは・・・、少しやりすぎかなと思いましたが、『銀行は返せるかどうかの審査はしていない』のフレーズが特に印象的な本でした。




二冊目は決算書に関する本。



ビジネス基礎体力が身につく 決算書を読む技術
川口宏之(著)






川口さんは公認会計士。

公認会計士さんの本は一般的にむずかしくて読みにくいもの^^;
数値の羅列でうんざりしてしまう解説本が多い中、本書は直感的に理解できるように図解しています。


自分の会社の決算書とにらめっこしながら読破。
今まで読んだ会計本の中でもベスト3に入る読みやすさでした。

会計知識が無い方からセミプロまで、幅広い方にお勧めできます。



今回、じっくりと自分の個人及び法人の決算書を精査してみて、不動産賃貸業は『安定しているけど低収益』だと改めて再認識しました。



posted by ゴン at 22:00 | Comment(2) | 融資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
借金経営経営のススメ
ポチいたしました〜♪
本くるのが楽しみです☆

ご紹介ありがとうございます!
Posted by yuki at 2014年11月27日 11:35
yukiさん

具体的な方法論はあまり書かれていませんが、考え方が面白かったです^^

Posted by ゴン at 2014年11月28日 01:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: