共用部電気代を削減

2015.07.30



各所有物件。
すべての共用部電灯LED化が完了しました。


電灯を単にLED化するだけでなく、夜間点灯のみだった場所で24時間点灯化が好ましい場所はケチらず24時間点灯化。

さらに、暗い場所にはLED電灯を追加設置もしました。


逆に不必要に長く点灯している場所は、人感センサーやタイマーを追加して電気代の削減に努めました。

値は張りますが、信頼性が高い製品をセレクト。




WTK2411.jpg


img_13.jpg




明るさセンサーと人感センサー、それぞれ任意に設定可能な優れものです。




見直しの結果、全物件で約6万円/月の電気代削減となりました。
1年間にしたら70万円以上。

決して小さくない金額です。



初期投資額はすぐ回収できますし、定期的な電球交換からも解放されます。

入居者様にとっても、暗い場所が減り、より快適になったと思います。



posted by ゴン at 22:40 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: