洗濯機置場

2015.09.08



少々古い物件の場合、洗濯機置場が室内にない物件があるかと思います。
当方所有物件でも、屋外(ベランダ)にある物件が1棟あります。


こういった物件で退去が出た場合のリフォーム。
室内に洗濯パンを新設するか否かでいつも迷います。



<室外(ベランダ)洗濯機置場のメリット>

•水漏れしても心配が無い(階下に影響がない)
•洗濯機下の掃除が容易
•居室面積が広く取れる



<室外(ベランダ)洗濯機置場のデメリット>

•夏場の暑い日や冬場の寒い日でも外で洗濯が必要
•風雨にさらされる為、洗濯機が汚れやすい
•深夜に洗濯機が回せない
•設定家賃が室内より安くなる




洗濯はほぼ毎日行うもの。
最近は、室内置きのメリットが注目され室内置きの物件が人気です。


設置スペースの可否、家賃と改修コストの対費用効果の見極めが必要ですね。





こんな商品もあります。
ビラハウジングの「せんた君」




G-0165_006.jpg




キッチン下に収納できる超小型洗濯機。

設置場所がタイトな狭いワンルームには面白い商品です。
ただ、、、洗濯容量は小さいので男性向けかな。



posted by ゴン at 22:30 | Comment(2) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この洗濯機は小さいですが、
その分、空間の有効活用になりますね。

都心の狭めのワンルーム等に良さそうですね。
Posted by NS51 at 2015年09月11日 21:09
NS51さん

空間の有効利用としては優れていますね。

あとは費用と好みの問題でしょうか。
Posted by ゴン at 2015年09月11日 22:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: