税務とマイナンバー

2015.10.31



最近はマイナンバーに関するニュースをよく目にしますね。

マイナンバー関連の市場規模は1兆円だとか。
「巨額利権を業界で分け合う構図」などの雑誌記事タイトルも目にします。



実態は知りませんので論評はしませんが、初期投資で約3000億円、ランニングコストはその20%といわれ、毎年数百億円もの税金を投じるという事実はあるようです。




最近は不動産投資本が出尽くしなので、税務関連を読み漁っています。

マイナンバー関連も含め、大きな書店に行けば無数の類書が並んでいます。




DSC_0240.jpg




税務は奥が深くてパズルのよう。

頭の良いお役人が考えた制度はほんと良くできています。




マイナンバーと同様の制度。

1936年に導入されたアメリカを皮切りに、韓国、中国、シンガポールなどのアジアや、アイスランド、イギリス、イタリア、オランダ、シンガポール、ドイツなどのヨーロッパなど、世界中の国が既に導入済み。


しかし、導入した各国では、不正アクセスや内部犯行による個人情報流出となりすましによる金銭被害が深刻の様です。


昨年、お隣韓国では、個人情報約1億400万件が流出し、預金の無事を確認しようと顧客が銀行に殺到する騒ぎとなりました。

流出情報の中には朴槿恵大統領と推定されるものも含まれていたとか。



富裕層が比較的多い日本。
ハッカーに狙われて個人情報が流失しないか心配。


しっかりとした管理を望みたいですね。



posted by ゴン at 20:00 | Comment(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: