京町家を宿泊施設に

2015.11.26



京都に多数現存する京町家。

近年、開発等で解体され減少している現状を危惧し、官民挙げて保存活動に動き出しています。

京都の金融機関も京町家向けローンを拡充。
融資面からも支援しています。



京町家再生物件を見学しました。




DSC_0158.jpg DSC_0160.jpg




昭和初期築。
もうすぐ築90年のビンテージ建物。


中庭の造園だけでもかなり価値があります。




DSC_0162.jpg




この建物の所有者様。
代々所有していた方ではありません。


昨年、収益物件としてこの土地建物を購入されたとか。


購入後すぐ、京都市へ『景観重要建造物』『歴史的風致形成建造物』の申請をして認定してもらい、補助金を受けて大規模改修。

旅館業法の許可を取られ、宿泊施設として運用するそうです。


京町家で旅館業の許可を得るために苦労された様々なお話が、具体的で大変勉強になりました。



観光都市世界一になった京都市。

京町家の活用法として宿泊施設は脚光を浴びています。
実際の現場でお話が聞けたのは斬新で面白かったです。



posted by ゴン at 21:35 | Comment(0) | 収益物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: