2016年公示地価

2016.03.22



本日夕方、2016年の公示地価が発表されました。


商業地と住宅地全用途の全国平均が、8年ぶりに上昇したとか。
平均は上昇でも、現実には二極化が拡大しています。



今年の上昇箇所にはある共通点が。

それは訪日外国人に人気の場所が上昇率上位だということ。



久々に大阪がトップになる話題も。

大阪市中央区の心斎橋駅近辺では、地価の上昇率が45.1%と、全国トップになりました。


爆買いする外国人観光客が多く、ホテルや店舗などの需要が高いことがその理由のようです。




また、地方に目を向ければ大分県湯布院。

訪れる外国人観光客は、年々増え続け、2014年には、初めて20万人を突破。
つられて、地価上昇率も15.4%と2桁の伸びを見せました。



訪日外国人のパワー。
恐るべしですね。


posted by ゴン at 23:59 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: