札幌もマンション価格高騰

2016.03.26



札幌の不動産業者様と情報交換。
地元新聞の記事を読みましたが、同様の意見でした。



札幌中心部マンション高騰 4千万円超、「手出せぬ」嘆く市民
北海道新聞 3月25日(金)配信





20160325-00010003-doshin-000-5-view.jpg

札幌市中心部に建設された分譲マンション(左)と建設中のマンション(右奥)




背景に人件費や地価の上昇


人件費や地価の上昇に伴い、札幌市中心部の分譲マンションの価格が高騰し、サラリーマンや子育て世帯にとって「高根の花」になりつつある。

民間の不動産調査会社によると、2015年の新築マンションの平均価格は4千万円を超え、バブル期を上回った。

投機熱も相まって、価格下落は見通せず「住宅ローン金利が低くても、この価格では手が出ない」と嘆きの声も上がる。


「4LDKは、ほとんどが4千万円台。管理費とローンの返済額を合わせれば月々の支払いは10万円を優に超える。低金利とはいえ、払いきれる自信がない」。

24日、札幌市中央区のモデルルームを訪れた会社員の男性(38)はため息をつき、マンションの建設工事現場を眺めた。


今夏に第3子が生まれる予定で、現在の賃貸マンションでは手狭で物件を探し始めた。

ただ2、3年前なら3千万円台クラスの物件が軒並み高騰。

不動産業者からは「20年の東京五輪・パラリンピックまで価格が下がる見込みはない」と説明を受けた。

子供の教育環境や交通の便を考えると、中央区が望ましいと思うが、「無理してでも買うべきなのか」。

男性は頭を悩ませている。

(以下省略)





前年に比べ約17%も高騰。
市中心部のマンションは5、6千万円台の価格も増えています。



全国的ですが、チキンレースなのかな。。。

あとどれぐらい続くか。見ものです^^;


posted by ゴン at 17:20 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: