低所得者向けに空き家を活用

2016.07.22



このニュース。
見られた方多いと思います。



低所得者向けに空き家を活用 国交省、家賃を一部補助へ
朝日新聞デジタル 7月22日(金)配信



国土交通省は、低所得者向けの住宅に空き家を活用し、家賃を一部補助する方針を固めた。

公営住宅を十分に供給できないためで、都道府県ごとに一定の基準を満たす空き家を登録し、入居希望者に仲介する仕組みを来年度につくる。

低所得者の住宅環境の改善と、空き家の減少を目指す。


国交省によると、新制度では、空き家の所有者が物件を都道府県などの窓口に申請。

自治体が耐震性や断熱性を審査し、データベースに登録する。

入居希望者は自治体に申請し、データベースから物件を探し、所有者と賃貸借契約を結ぶ。


家賃は周辺より安くし、自治体は所有者に家賃の一部を補助する。

所有者へのリフォーム代補助も検討する。

具体的な入居基準や補助率、補助対象は今後詰め、来年の通常国会に関連法改正案の提出を目指す。






低所得者向けの空き家用の仕組み




AS20160721005475_commL.jpg




よく似た制度として、平成27年度に創設された住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業があります。

しかし、貸主としてはいまいち使い勝手が悪いです。



この制度が最終的にどのようになるのか。
来年にかけて注目ですね。


posted by ゴン at 22:00 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: