人工知能(AI)の世界

2016.09.24



グーグルが開発したAI「AlphaGo(アルファ碁)」。

韓国のプロ棋士イ・セドル氏と韓国で相まみえた五番勝負は、イ・セドル氏が第四局で一矢を報いたものの、4勝1敗でAlphaGoの圧勝に終わったニュースを知っている方多いと思います。


遠い世界のように感じますが、、、
このAIが、近い将来、劇的な変化をもたらすと予想されています。




オックスフォード大学のマイケル・オズボーン准教授が発表した論文。


『今後10〜20年で47%の仕事が機械に取って代わられる』



アメリカの別の研究者は、
『2030年までには週15時間程度働けば済む』と言っています。




機械が奪う職業ランキング(米国)の上位15位を抜粋

1. 小売店販売員
2. 会計士
3. 一番事務員
4. セールスマン
5. 一般秘書
6. 飲食カウンター接客係
7. 商店レジ打ち係や切符販売員
8. 箱詰め積み降ろしなどの作業員
9. 帳簿係などの金融取引記録保全員
10. 大型トラック・ローリー車の運転手
11. コールセンター案内係
12. 乗用車・タクシー・バンの運転手
13. 中央官庁職員など上級公務員
14. 調理人(料理人の下で働く人)
15. ビル管理人


引用:ダイヤモンドオンライン






衝撃的な論文。
遠い未来の話ではありません。10年先の話です。



不動産賃貸業の未来。

人口減少だけがよく言われていますが、
賃貸業に与えるインパクトはAIの方が大きいかも。。。




ただし、新しく生み出される職業も。

悲観ばかりする必要はありませんが、今までやってきた賃貸業の意識のままでは、負け組に入ることは確実と思います。



差別化の中にもたくさんのキーワードがあります。
この先、大家さんの選別が始まる、ぐらいの気概で取り組みたいですね。



posted by ゴン at 20:00 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: