ビットコインで家賃を受け取る

2017.05.26



『ビットコイン』

近年、よく耳にされると思います。



仮想通貨の一種ですね。


今年に入って、ビックカメラでの支払いに使えたり、LCCピーチでも決済手段として導入準備中とニュースになりました。




2013年当時、世界最大の取引所だった「マウントゴックス」が破産。


「ビットコイン≒詐欺」のイメージが浸透しました。




しかし、着実に決済手段として浸透してきています。



ニュースを少し拾って見ても、、、



仮想通貨「ビットコイン」の取引所を運営するレジュプレス(東京)は26日、新電力と連携して、ビットコインで電気料金を支払えるサービスを11月から始めると発表した

出典:ビットコインで公共料金の支払い 国内初、新電力で  :朝日新聞 電子版



仮想通貨の取引所「コインチェック」を運営するレジュプレス(東京・渋谷)は4月の電力小売り自由化で参入した新電力事業者と組み、ビットコインで電気代を払えるサービスを年内に始める。銀行もコンビニも円も使わない、ビットコインによる国内初の公共料金収納サービスとなる。

出典:ビットコインで電気代支払い 公共料金で初  :日本経済新聞



今後coincheckでは三ッ輪産業グループ以外の提携パートナーも増やし、携帯電話の通信料金などもビットコインで支払えるようにするとしています。

出典:電気代をビットコインで支払えるサービス、11月初旬開始『coincheckでんき』 - Engadget Japanese



レジュプレスは今後、水道代や携帯電話料金、プリペイドカードの使用料などの支払いにもビットコインを使えないかを検討していく方針だ。

出典:ビットコインで電気料金支払い サービス開始発表  :日本経済新聞



都市ガスのない地域でガスボンベを家庭に配達するLPガス(液化石油ガス)事業者に変革の波が押し寄せている。第一波は今年4月の電力小売りの全面自由化、第二波は来年4月の都市ガス小売りの全面自由化だ。自由化の流れに乗って事業を見直す動きが相次いでおり、仮想通貨「ビットコイン」による支払いを受け付ける事業者まで現われた。

出典:【ビジネスの裏側】存在感増すLPガス事業者、ビットコインで料金支払い、LINEで機器販売…電力・都市ガス自由化の革新者に?(1/3ページ) - 産経WEST






今やビットコイン決済ができる公共料金は、電気代だけではなく、ガス代にまで広がりを見せています。


スイスやドイツでは、既に公共料金のビットコイン決済が浸透。
その波が日本にもやってきたように思います。




生活費の約30%を占めるのが家賃。

当然近い将来、ビットコインでの支払いが一部導入されると思います。




今年は仮想通貨元年。


家主も勉強が必要です。




人気ブログランキングへ




posted by ゴン at 20:10 | Comment(4) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱり勉強しないとだめですね!
明日、行って来ます。
Posted by みかりん at 2017年05月29日 14:30
みかりんさん

そう!
仮想通貨、かなり奥が深いですよ^^
Posted by Gon at 2017年05月29日 22:12
5/27に東京のセミナー逝って来ました^^
目先のトレードは置いておいて、概念は自分が思ってる通りだったので将来楽しみと確信しましたよ。

トヨタもイーサとコラボし始めたので要注目ですね〜
Posted by at 2017年05月30日 13:33
まさん

コメント返しが遅くなりました^^;


そうですね。
長期保有が将来が楽しみです^^
Posted by Gon at 2017年06月09日 22:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: