貨幣は20枚までしか使えない!?

2017.06.20



日本のお金。



貨幣(1円、5円、10円、50円、500円)と、
紙幣(1000円、5000円、10000円)があります。


誰でも知っていますね。




『貨幣は一度に20枚以上使えない』


こんな法律があるのをご存じでしょうか。




通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律

(昭和六十二年六月一日法律第四十二号)



(法貨としての通用限度)

第七条  貨幣は、額面価格の二十倍までを限り、法貨として通用する。






『額面価格の二十倍』がミソ。




例えば2000円を支払う場合。


@「五百円2枚と、百円8枚、五十円2枚、十円8枚、五円4枚」

⇒OK



A「百円8枚、五十円22枚、十円8枚、五円2枚、一円10枚」

⇒NG




ただし、20枚を超えても受取側がOKなら問題なし

現実に受け取り拒否されることはないと思います。




しかし、意外と知らない法律ってあるもんですね^^




人気ブログランキングへ



posted by ゴン at 23:59 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: