リコールを確認する

2017.08.27



不動産賃貸業を行っていると、必ず設備トラブルが起こります。


ガス給湯器、エアコン、シャワートイレ、コンロ等々。




設備故障。

貸主にとっては、結構な痛手ですよね^^;




でも諦めてはいけません。




多くの商品でメーカー保証が1年付きます。

あとは家電量販店で購入した場合、数年間の追加保証が付くことも。




ますはこの保証内容の確認が第一。

該当するなら基本無償修理なのでラッキーですね。




これら保証期間が過ぎて該当しない場合。

それでも諦めてはいけません!




稀にですが、、、メーカーによる無償交換になる場合があります。


それは、『リコール対象品』であること。





最近、約10年前に設置したシャワートイレが故障しました。


確認すると、リコール対象品でした。



メーカーのサービスに連絡し、無償で交換or修理を依頼。

入居者様と直接日時の段取りをして頂き、対策新品と交換になりました。






数年前の別の話ですが、
所有物件1室の洗面化粧台が古かったので新品交換を計画。



念のため、リコール対象品になっていないか調べたら、なんと該当!

1棟全戸同じ洗面化粧台が使われていたので、全戸無償交換になりました。





設備故障や更新を検討する場合。

必ずリコール対象品になっていないか確認しましょう。




宝くじみたいな感じで^^




人気ブログランキングへ



posted by ゴン at 18:20 | Comment(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: