画鋲を使わずポスターを飾る

2017.11.01



賃貸住宅の原状回復。

国土交通省のガイドラインに考え方が明記されています。



「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」




通常使用による損耗であれば貸主負担ということですね。




当方も画鋲程度のよく見ないとわからない穴は請求しません。

簡単な補修でわからなくなりますしね。






一方、
世の中には、画鋲の穴をあけなくても良い方法を考える方もおられます。




ネットで見つけました。


画鋲なしでポスターを貼る方法。




kijfghldgis.jpg





@ ポスターの四隅がくる位置に、テープでクリップを貼り付ける。(写真)

A ポスターをあてがい、上から磁石を置いてクリップと磁力で固定。




強力なテープと磁石を使うことで、大きなポスターでも固定できるとか。








うん!



こういった配慮ができる人間性をお持ちの入居者様。


画鋲を使って頂いて良いので、ドンドンご入居頂きたいですね^^




人気ブログランキングへ



posted by ゴン at 22:15 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: