非常用照明器具 内蔵バッテリー交換

2017.12.14



所有物件で消防設備点検を行いました。

消火器と非常用照明器具のバッテリー切れの不備指摘がありました。




業者様に丸投げ依頼するのもありですが、、、

消火器とバッテリーは現物支給したほうがかなり安いです。





勉強を兼ねて支給で業者様と一緒に改善作業を行いました。



非常用照明器具をばらし、、、




20171213_103219_HDR.jpg





用意した新しいバッテリーを取り付け




20171213_103229_HDR.jpg





バッテリー交換はカプラーを差し替えるだけの単純作業。

数分で交換完了します。





盤内作業は業者様にお任せ




20171213_103927_HDR.jpg





ところで、非常照明器具用のLED蛍光灯って高価ですよね。



業者様にお聞きすると、誘導灯や非常灯は停電などで電気供給がストップした場合、器具内にあるバッテリーより電気を供給する仕組みですが、それに従って入力が交流から直流へ変わるそうです。



普通のLED蛍光灯は切替対応していないので点灯しない。

非常照明器具用のLED蛍光灯は自動的に回路を切り替える機能が備わっている分、価格が高くなるという事のようですね。




誘導灯・非常灯は、
停電時にバッテリーに切り替わってから20分以上点灯する事が規則。


LED蛍光灯に変えることで停電時、
消費電力が少ない為に今までの2倍以上点灯するメリットがあります。



もう少し安くなってくれるとありがたいですね^^;




人気ブログランキングへ




posted by ゴン at 23:05 | Comment(0) | 23.京都マンション1号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: