人を雇う前に考えてること

2017.12.21



最近、私の周りの多くの同業大家さんが、人を雇用してますます事業規模を拡大されているのを見かけるようになりました。


雇用を生んでいるわけですから、それ自体とても素晴らしいことです^^




「ゴンさんは人を雇わないんですか?」



最近、よく聞かれます^^;



今までは、、、

全く考えていませんでした。



でも近い将来は、雇用したいと考えています。





ではなぜ今まで雇用を考えてこなかったか。

よく聞かれるので、私なりの考えを書いてみたいと思います。





もし、体制が整っていない状態で、何も考えずに人を雇用した場合。

一般的には、社員やパートのために仕事を探すことを考えます。



何も考えず仕事を増やすことを考えれば、

時間単価の低い雑務や仕事も取り扱うことに繋がります。



結果、人を雇えば雇うほど、時間単価の低い仕事(雑務)が増え、社員一人当たりの売上単価が下方向に向かっていきます。



だから、(体制が整っていない間は)人を雇わない。





人がいないと仕事を増やそうとは思いません。

(というか、仕事が増やせない)



結果として、仕事の時間単価を上げようとします。


時間単価の低い仕事は問答無用に切って(外注化して)いくし、自社にしかできない高単価な業務や好きな仕事にだけにどんどんフォーカスして効率化していくことになります。



そして、筋肉質の会社が出来上がります。

特に不動産賃貸業の業務は、ほとんどが専門業者に外注出来ます。



高単価、高効率になってから人を雇っても遅くないかなと思っています。








ごちゃごちゃと書きましたが、本当にところは、、、

人を雇うのが面倒くさいだけなんですけどね(笑)



あはは。真実です^^





起業してから不安定な時期に一番重要なことは、売上を上げること以上に『高時間単価』『高効率化』だと思っています。



『1人あたりの売上高が高い会社』が私の理想。



人を雇って低効率化することは避けたいと思っています。




人気ブログランキングへ




posted by ゴン at 18:40 | Comment(2) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
会社員だった時
時間の配分をみると役職が上になるにしたがって
会社への報告書の作成
部下の評価 組織運営の
占める割合が高くなってきました。
しかも 夜のフォローが必要となる。
若いときの平社員にくらべて 自分の仕事の時間が30%くらいになってました。
私が会社員をやめた理由の一つです。
家族の貴重な時間を会社 部下にとられていると
感じたのです。
逆の発想もあります。役員で忙しい忙しいと言っていた人に限って退職したら誰も構ってくれません。
つまり 会社や部下がいるから忙しかったのです。経営者でさみしいから会社に行っている方
おおくいます。
考え方次第ですね。

Posted by ななし at 2017年12月21日 21:51
ななしさん

当方も会社員時代が長かったのでおっしゃりたいこと、よくわかります^^;

とにかく、有限の時間を一番大切にしたいです。
Posted by ゴン at 2017年12月23日 00:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: