お宿バブル

2018.04.01



先ごろ国土交通省が発表した2017年公示地価。

全国的に上がりました。



公示地価が遅行指標であることは業界の常識。


実態は、、、ピークを越えていると思います。



『お宿バブル』


今、京都で囁かれています。




京都駅南側の公示地価。

前年比で27・3%のプラスとなり、
商業地の上昇率で京都府内1位、全国でも3位となりました。



さらに、商業地の全国対象6491地点の価格上昇率トップ10に京都市3地点が入りました。




すべて『お宿バブル』が原因と言われます。



京都市内の簡易宿所。



17年末時点で計2055施設ありますが、、、

うち8割の1677施設が15〜17年の3年間に開業



まさに、、、バブル状態ですね。




京都市の20年宿泊需要予測に対し、
ホテル供給量が1万1千室以上も上回るという民間試算も発表されました。




最近、京都市内簡易宿所の売物件をよく見ます。

稼働率が落ち、ここが売り時と判断する所有者が多いと思われます。




京都駅付近、四条烏丸、河原町辺りは日本人の方が少ない感じ^^;



観光都市としてはとてもよいことですが、

昔の京都の雰囲気も良かったと思うのですが。。。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 20:00 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: