ビットコインで投資用不動産購入

2018.05.11



ビットコインをはじめとした仮想通貨。


30代40代を中心に購入している人が増えましたね。





ウォーレン・バフェットは、

「ビットコインは殺鼠剤の2乗のようなもの」と否定的。




一方、米投資調査会社Fundstrat Global Advisorsは、

「2019年末にはビットコインの価格が3万6000ドルに達する」と予想。





相反する見解が入り乱れています。


一番のネックはビットコインが使える場所がまだ少ないこと





日本の投資用不動産購入でも使えるところが出てきました。




bitFlyerのビットコイン決済で投資用中古マンションが購入可能に
5/11(金) Impress Watch




スター・マイカ株式会社は、投資用中古マンションの売買にビットコイン決済サービスを利用可能となったことを発表した。



d11448-17-419084-0.jpg





子会社のスター・マイカ・アセット・パートナーズが扱う不動産物件の売買代金の決済に、bitFlyer提供の「bitFlyerウォレット」を使用できる。

1会計につき5000万円相当のビットコインを上限とした支払いが可能。



決済では、QRコードが表示されたタブレットの画面を、スマートフォンカメラで読み取る仕様で、決済は数秒で行える。


ビットコインが送金されると、bitFlyerでは円に即座に換金する。

この仕組みにより、購入者とスター・マイカの双方が価格変動リスクを負わずに、安全な不動産取引を行えるという。


スター・マイカでは、ビットコインを中心とした仮想通貨が投資対象として注目を集めている現状を踏まえ、ビットコイン価格の上昇で資産が膨らんだ投資家を対象に、投資用中古マンションの購入決済方法の選択肢としてのサービスを提供するとしている。


また、新たな投資対象となるマンションの購入が、流動的な仮想通貨による資産運用のニーズにより増加すると予想しているという。








どのような会社か全く存じ上げませんが、、、


ビットコインの利益をどうするか、

悩んでいる人は少なからずいるので、面白い取り組みだとは思います。




本日の日本経済新聞朝刊の金融経済面。

同様の記事が載っていましたので、ある程度の反響はありそうです。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 19:10 | Comment(0) | 収益物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: