不動産仲介が社債発行

2018.07.12



だいぶ前に収益物件を売買仲介してもらったことがある不動産会社様。



ホームページをみると、

現在も収益物件を中心に扱っているようです。





もう何年もお付き合いがなかったのですが、、、

突然、郵便が届きました。




『少人数私募債の募集』でした。




少人数私募債とは、主に中小企業が取引先や親類など、
プロ以外の特定の投資家を対象に勧誘、販売する社債。






bfmtiy,t,t,.gif






これ自体はよくある資金調達方法なので問題ありません。





しかし今回の案件、3つの問題を感じました。



@無担保社債である


信用のある会社の場合は、特に問題となりませんが、今回のように不動産仲介会社の場合、信用がほとんどありません^^;

当然、債務不履行になった場合、弁済順位が上位に来るわけではないので、額面金額や利払いは保証されません。



A今回の社債募集が12回目


発行を頻発していので、自転車操業で火の車では?と思ってしまいます。



B年率設定が異常


利率が年14.5%。明らかに高いです。。。

それだけ信用がなく、お金集めに苦慮していると思われます。






収益物件の売買が融資の引き締めで止まり、

資金繰りに困ってきたので、少人数私募債を乱発している、と考えられます。




計画倒産のにおいがして仕方ないです。




ここ数年、特定スキームでブイブイ言わせてきた収益物件系の不動産会社様。

一部、雲行きが怪しくなってきたかな。。。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 18:00 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: