融資引き締めニュースがまた一つ

2018.07.26




賃貸住宅向けの融資。

最近は、厳しくなった話ばかりを聞きます。



住宅金融支援機構の融資も厳しくなった、との報道がありました。



賃貸住宅融資、支援機構が厳格化 サブリース巡り懸念
7/26(木) 朝日新聞デジタル




AS20180725005187_commL.jpg

住宅金融支援機構の賃貸住宅向け新規融資契約額は増えてきた



住宅ローンを扱う独立行政法人・住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)は今年度から、賃貸住宅向けの融資基準を厳しくした

アパートやマンションを業者が一括で借り上げ、家賃も業者が一括で支払う「サブリース(一括借り上げ・転貸)契約」による賃貸物件が増え、空室の増加により将来、融資が焦げ付くリスクが高まっていると判断したとみられる。


賃貸物件向け融資をめぐっては金融庁が地方銀行に対して昨年春、需要やリスクを審査し、借り手にもリスクを説明するよう注意喚起した。

このため国内銀行全体の賃貸物件向けの新たな融資は2017年度に減少に転じた。

新規融資が増え続けていた支援機構も18年度から融資の厳格化にかじを切ったことになる。


支援機構は、融資判断にあたって家賃収入や空室のリスクなどを審査する際、収支見通しなどを厳しくチェックするようにした。

また、土地を購入してアパートを建てる場合の土地部分への融資を原則として停止した。

サブリース契約の賃貸物件は、土地を持っている人に業者が勧めて建てるケースが多いが、アパートの建築用地も買うよう業者が勧めることがある。

サブリース業界では「ランドセット」と呼ばれる営業手法だが、借り入れがより多額になることがある。


(以下省略)







よく考えたら、、、

厳しくなったというより、以前の条件に戻ったという方が正解かもですね。




住宅金融支援機構の賃貸住宅向け。

金利かなり安いです。






300176419-1.jpg






適用できればまだまだメリットありますね。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 23:00 | Comment(2) | 融資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まあそうですね。
むしろ、今までが異常だったと考えた方が良さそうですね。
Posted by じゅん at 2018年07月27日 06:34
じゅんさん

買える立場の人にとってはチャンスですね。

その立場でいれるようにしたいです。
Posted by ゴン at 2018年07月27日 17:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: