「私の」 と 「私」

2018.09.17



本日はある講演会に参加しました。



不動産とは全く関係ない講演会。

「ビリオネアマインド」の話が中心でした。



全てのビジネスに通ずるお話し。

色んな話が聞けてとても刺激的でした。



その中で心に残ったお話に、「私の」と「私」がありました。




小金持ちは、、、

「私の不動産」
「私の家」
「私の車」





「私の〇〇」



所有することにだけにこだわり、それらにしがみついている。

しがみつくことは、、、結果、衰退につながる。





一方、ビリオネアはただ1つにこだわる。

それは「私」



自分磨きにのみフォーカスする。

所有(モノ)にはこだわらない。しがみつかない。






caption.jpg




上の写真をみて改めて思います。

この中で1棟2棟所有したところで、世の中から見たら「とても小さい」。



ビリオネアは「私の」を考えず、

「私」が世界中の人々の困りごとを解決してビジネスにする方法を考える。




メガ大家であっても「私の」が基準。



不動産のカテゴリーで考えると、

まだまだ小さいことなんだと改めて思い知らされます。




なんか、まとまりない記事ですが、、、

思いつくままに書いてみました。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 23:00 | Comment(3) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ビリオネアが、「私の私の」と言わなくて済むのは、既に使いきれないくらいの富を蓄積したから、「私の私の」と富を求める必要すらなくなったからでは?

しかし、ビリオネアではなくても、スーパーボランティア尾畠さんのように、自分のことより他人の幸せを願う人は存在する。

ビリオネアではなくても、いや、金銭的には貧乏でも、そのような心豊かな人が存在する理由は、心の豊かさは、富の有無には関係ないから。
それは、一人ひとりの心の中の選択の結果だからではないですか?
Posted by 真の愛国者ゆりか at 2018年09月18日 00:40
真の愛国者ゆりかさん

卵が先か鶏が先かではなくて、
「私の」ではなく「私」マインドだったからこそビリオネアになれるそうです。

凡人の私にはまだまだの境地ですが^^;


心の豊かさとビジネスは必ずしも一致しないですね。
ビリオネア目指すなら、ってのが今回のお話しでした。
Posted by ゴン at 2018年09月18日 11:29
>自分磨きにのみフォーカスする。

「自分磨き」という言葉を文字通りに受け取って、「自己の内面を高める」という包括的意味に受け取っていましたが、磨くのは自己の内のビリオネアになる能力、言い換えれば、ビジネス上の競争力だけなのですね。

ま、自己のビジネス上の競争力を最大化することは、サラリーマンにとっても、自営業者にとっても望ましいことですから、目指すべきなのでしょうね。
Posted by 真の愛国者ゆりか at 2018年09月20日 04:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: