『夢洲』は夢を実現するか

2019.08.07



2025年大阪万博の会場に決まった大阪市の夢洲(ゆめしま)。




erqlwk.avqregv.jpg





対岸にある咲洲(さきしま)で今秋、

約8年ぶりに新築マンションの分譲が開始されます。



そのマンションは「大阪ベイレジデンス」。

総戸数330戸で令和3年1月に竣工予定。




heirlgw58;o,j;x.jpg





発表によると、入居者には近隣の水族館「海遊館」の年間パスや、

「ハイアットリージェンシー大阪」での歓迎パーティー特典を提供するとか。



ベイエリアで暮らすメリットを感じてもらうための工夫ですね。

何より、万博会場まで直線距離で2〜3キロという立地は魅力です。



もしIRも決まったら、さらに人気が出そうですね。



大阪市が埋め立てた夢洲、咲洲、舞洲。


長年、開発が停滞して負の遺産と批判されてきましたが、

大阪万博開催の決定を受けて状況が一変しました。




今回の大阪ベイレジデンスの用地は、

アーク不動産が万博開催決定前の昨年3月に大阪市から入札で取得。



ほかに咲洲で3カ所の土地も取得し、

商業施設やホテル、スポーツ施設などの開発を計画しているとか。



不動産のプロは情報と動きが早いです。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 17:45 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: