公団型キッチンの交換時期

2019.08.26



平成築の建物と言えば、、、

昔は築浅のイメージでしたが、時は『令和』。



平成元年築だと、30年以上経過ということになります。

もう築古の仲間入りですね。



30年以上経過すれば、建物の設備更新も色々とあります。


例えば公団型キッチン。




台所B.JPG





家賃帯によっては、このキッチンでもまだまだ現役で活躍できますが、

このタイプは、排水口パッキン付近から、劣化で水漏れが発生します。



その都度、コーキング処理か水中ボンド施工で応急対応。



水中ボンド施工




IMG_0027.jpg





水漏れが止まる場合はこれで対応完了ですが、

一部はしばらくすると、水漏れが再発することがあります。



2回目再発の場合はさすがにキッチン交換ですね。



同等品のキッチンは2万円前後で購入可能。

綺麗になって入居者様も喜ばれます。





IMG_0302.jpg





新しいキッチンも30年以上活躍してほしいものです。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 17:15 | Comment(0) | 1.札幌マンション1(A)号・2(B)号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: