裁判所で所持品検査

2020.01.14



久々に地方裁判所に競売資料の閲覧で行きました。



基本bitで資料は見れますが、個人情報の観点で、

3点セットの個人名部分が黒塗りになっています。



裁判所で閲覧しないと黒塗り部分の確認が出来ません。



資料内の人物と連絡を取ってみたかったので閲覧で裁判所を訪問。



行ってみてビックリ。

以前までは行われていなかった所持品検査がありました。



a59_02s_a.jpg





そういえば、大阪地方裁判所でも平成30年から、

入庁時に金属探知機等を使用した所持品検査を実施しています。



包丁やナイフは当然ですが、

はさみや カメラ、ICレコーダー等の持ち込みが禁止されています。



全国的に所持品検査する裁判所が増えてるみたいですね。



2019年4月時点で所持品検査を実施の裁判所




g453879fqhkw.jpg





安全確保が目的ですが、入庁に手間がかかり、

開かれた司法の理念に反するという意見もあるようです。



しかし以前、仙台地裁内で殺人未遂事件が起こった事例もあり、

安全第一で考えると、やむ得ない対策かなと思います。








しかし、やましいことが全く無くても、

所持品検査は、なんかドキドキしてしまいます^^;




人気ブログランキング




posted by ゴン at 16:35 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: