「所有」から「利用」に思う

2020.02.25



近年、様々なものが所有から利用へと変化しています。



シェアリングの対象は、

「モノ」「空間」「スキル」「移動」「お金」の大きく5つ。



賃貸業界だと「空間」のシェアが急速に拡大しています。

シェアハウス以外にも、シェアオフィスやシェアキッチンまで。





最近の若者は車離れが深刻、って報道をよく見かけます。

「移動」もマイカーを持つ時代からシェアする時代になったと。



ソニー損保が実施した「2020年 新成人のカーライフ意識調査」によると、

『「若者の車離れ」とは自分自身のことだ』という項目で、「あてはまる」が37.4%、「あてはまらない」が32.8%となり、“車離れ”を感じている人のほうがやや多い結果となったそうです。



私が学生の頃といえば、、、

マイカーが無いとデートすら出来ない風潮もありましたが、、、




最近よく、肉食から草食の若者が増えたと言いますが、

バブル崩壊後、約30年の間、自動車の価格はずっと右肩上がりです。

(安全装備等が増えたのも一因と思いますが)



世の中はデフレ経済だったのに。。。



一方で、給与水準は停滞したままでこの間ほぼ変化なし。

むしろ、非正規雇用が拡大して収入の実態としては減少しているかも。




この30年間の車両価格と所得のバランス変化を考えたら、

所有からシェアが増えるのは、当然の結果かなと思います^^;



特に結論はありませんが、、、思ったことを書いてみました。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 17:00 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: