『家具家電』を移設するか処分するか

2020.03.10



京都マンション1号。

法整備されていない時代に、一部の部屋で民泊運用してました。



平成30年の住宅宿泊事業法(民泊新法)がスタートしたタイミングで、

熟慮の上、旅館業を取らずに撤退の道を選びました。



今思えば、この時の判断は正しかったかなと思っています。



その名残で、現在は家具家電付きの賃貸物件として運用。

身に付ける物さえ持ち込めばすぐに住めるので意外と人気です。



84d09833-efc7-42fc-991f-51eedd29d21b.jpg





今月、1室で入れ替わりがあるのですが、

新しい入居者様は冷蔵庫や洗濯機など、家具家電全て不要とのこと。



引越業者などの単身パックで家具家電を事務所に移す場合、

閑散期なら3万円程度ですが、3月の繁忙期は10万円以上もします^^;



5年程度経った家具家電に10万円も払って移設するくらいなら、

売った方が得では?と思い、リサイクルショップに問い合わせ。



その結果、8千円で全て引き取ってもらいました。



ジモティーやメルカリなどで処分した方が高くなると思いますが、

時間がかかる上に発送手間も、なにより全品が売れるとは思えません。



安くても一気に持って行ってもらった方が30分で終了してスッキリです。

末永くお住まい頂きたいです。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 17:45 | Comment(0) | 23.京都マンション1号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: