雨の日の塗装工事は要注意

2020.03.29



大規模改修工事実施中の大阪マンション2号。

最近は雨の日が多く作業が中断しがち。



そんな中、直接雨が掛から場所の塗装工事を進めていましたが、、、

塗料が垂れていて、再施工してもらうことになりそうです。



20200329_141702.jpg


20200329_141437.jpg





雨の日に無理矢理、塗装作業を行うと様々な弊害が起こります。



直接雨が掛かる場所の施工は論外ですが、

外壁塗装用の塗料は湿度が上がるときれいに仕上がりません。



なので、直接雨が掛からない場所でも、

湿度が85%以上なら塗装工事は中止すべきだと思います。



普通程度降っている雨なら、湿度は85%以上になりますので。。。




塗料メーカーも注意事項として、

「気温5度以下、湿度85%以上の場合は塗装を避けてください」とあります。



業者様にとっても二度手間作業になります。



しっかりと再施工して頂ける業者様なので心配はしていませんが、

勇気をもって中断してほしかったところです。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 15:30 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: