コロナの影響は少ないが、、、

2020.11.14



不動産賃貸業。



ホテルや民泊、テナント・店舗物件はコロナの影響がありますが、

住居系物件は比較的影響が無いと言われています。



確かに、住居系の所有物件は今のところほとんど影響がありません。




しかし、京都市内の住居系物件は多少影響が出ているように思います。



京都マンション1号付近のライバル物件の空室募集状況をみると、

春以降、明らかに空室が増えています。



昨年までは訪日外国人関連ビジネスが活況で、

それに伴う雇用も数多くありましたが、当然、現在は皆無に。



観光産業で働いていた多くの人が京都市を離れた結果だと思います。



今のところ家賃相場までの影響は感じませんが、

このまま鎖国状態が続けば、家賃下落の要因になるかなと思います。



コロナも第3波が懸念されています。

このまま長引けば、住居系賃貸業への更なる影響も心配になります。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 16:40 | Comment(2) | 23.京都マンション1号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まだ安心は出来ない状況ですよね。引き続き気を引き締めていきたいと思います。
Posted by じゅん at 2020年11月16日 06:42
じゅんさん

住居系賃貸業は影響が出るまで時間がかかると思います。
Posted by ゴン at 2020年11月16日 16:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: