同じ建物で違う仕様

2020.11.15



札幌マンション1号と2号。

私が不動産賃貸業をスタートさせた思い入れのある物件です。



初期の頃の所有物件はほぼ資産組み換えで売却していますが、

この2棟は今も保有しています。



この物件の入居者様ターゲット層を考え、

今まで1棟まるごとインターネット導入は検討してきませんでした。



しかし今後は、在宅勤務世帯が増えると予想されるので、

このマンションもインターネット導入を検討することにしました。



1号2号は隣同士に建ち、同じ建築年、同じ建物構造、同じ間取り。



全く同じ2棟なのですが、

調査してもらったら、配線環境が異なってました。。。




結果、VDSL方式とLAN方式の異なった方式で検討することに。



無題.png



vdsl-type--lanv.png 

vdsl-type--vdsl.png





同時に竣工したはずなのに建築会社が異なっていたのでしょうか。



そういえば、玄関ドアホン配線も2棟で仕様が異なっているので、

当時、別々の建築会社が請けで施工したのかもです。



肝心のインターネット導入コストはまあまあ掛かります。



導入するか否か。

じっくり考えたいと思います。




人気ブログランキング




posted by ゴン at 16:00 | Comment(0) | 1.札幌マンション1(A)号・2(B)号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: