100億円の借金から再生した人の話

2021.03.21



バブル崩壊を経験した著者が書いた本。



2012年の本ですが、バブル崩壊時の不動産市場がどう変化したか、

分かりやすく書かれています。



不動産で100億円の借金ができた私が、再びお金持ちになったワケ
左藤 太一 (著)






地価が暴落し、著者も不動産投資で返済不能の多額の借金を抱えます。



融資や税金の滞納で、銀行、税務署、債務回収機構、地方自治体等と

当時のリアルな交渉経緯を知ることができる本です。



正直個人的には、倫理上やコンプライアンス的に引っかかる所はありますが、

借金棒引きの方法が実体験を踏まえて書かれています。



今の時代だとどうかな??と思う部分もありますが、

バブル崩壊を知らない世代にとってはかなり参考になるかなと思います。




人気ブログランキング




【おすすめ書籍の最新記事】
posted by ゴン at 16:00 | Comment(2) | おすすめ書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そもそも100億円という融資はどうやって実現できたんですかね。。。
Posted by じゅん at 2021年03月22日 07:00
じゅんさん

いつの時代も100億円調達する人はいますね。今も周りに何人かいます。
Posted by ゴン at 2021年03月22日 21:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: