政令指定都市への新幹線乗り入れ

2021.07.25



政令指定都市とは、

地方自治法に基づき、政令で指定される人口50万人以上の市。



かつては100万人以上の市に限られ、1956年の創設時には、

5大都市と呼ばれる大阪、京都、神戸、名古屋、横浜の5市だけでした。



高度経済成長期に札幌、福岡、広島、仙台など地方の拠点市が移行。

平成の大合併で国が人口要件を引き下げた結果、現在20市になってます。



首都圏の千葉や相模原、関西圏の堺を除けば、

新幹線が走っていない政令指定都市は札幌市だけという現実。



そんな札幌市ですが、

2030年度の北海道新幹線の札幌延伸で空白がついに解消されます。



gyhefijwodl.jpg





現在、JR札幌駅でも工事が行われています。

さらに周辺地域ではタワーマンションなどの建設が複数進んでいます。



政令指定都市への新幹線乗り入れは、

地方都市への新幹線乗り入れ以上に大きなインパクトがあると思います。



街の変化が不動産賃貸業にどのように影響を及ぼすか。

見守りたいと思います。




人気ブログランキング



posted by ゴン at 16:20 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: