火災報知器 義務化から10年

2021.09.19



消防法改正に伴い、

全ての住宅に火災警報器の設置が義務付けられてから今年で10年。



改正消防法が施行されたのが2006年6月。

以降の新築に義務化され、2011年6月に全住宅が対象になりました。



450-20110310002132133491.jpg





報道によると、今年6月時点の設置率は約83・1%。

築古物件を中心にまだ約15%強が未設置という計算になります。



火災報知器は何よりも命に関わる重要な設備。

疎かにできません。



また、火災報知器の耐用年数は約10年。

電池切れもですが、定期的な交換も必要ですね。




人気ブログランキング



【脱サラ大家日記の最新記事】
posted by ゴン at 16:00 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: