賃借人にとっての「共益費」

2021.09.26



賃貸物件は基本的に家賃と共益費で構成されています。

以前は家賃での検索結果が重要と言われていました。



例えば、家賃63000円+共益費4000円の賃貸物件の場合、

家賃を59000円にして共益費を8000円にする。



家賃6万円未満の入居希望者に家賃検索でヒットするように。

といった趣旨で良く行われていました。



しかし最近は、総額表示が増えたのであまり意味ないですね。

むしろ、共益費を高くするのはデメリットになってきました。



入居者様は、共益費=共用部の経費ではなく、

共益費=不動産会社の収入、と思っている方が一定数おられます。



dcfgvhj.png





共益費を高めにすると、不動産会社がボッタクっていると思われ、

客付けに不利になりかねません。



エレベーターの有無によって各地で大体の共益費相場があります。

ここから高めに乖離させるメリットはほぼないですね。



適正な共益費徴収が安定運営の基本だと思います。




人気ブログランキング



【脱サラ大家日記の最新記事】
posted by ゴン at 15:42 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: