入居者の家賃交渉

2021.10.02



長期間入居されている入居者様。

家主にとって、とてもありがたい入居者様です。




ただし稀に、家賃交渉をしてこられる場合があります。

「現行募集家賃まで家賃を値下げしてもらえませんか」と。



特に同じ建物で空きがあって賃貸募集している場合、

長期入居者様の入居時より、安い家賃で募集することが多くなります。



建物は年月と共に劣化していくもので、

一般的にはそれに伴って、家賃が下がるのは仕方ないことですね。




こういった長期入居者様からの申し出の場合、満額回答でなくても、

交渉には可能な範囲で応じた方が良いかなと思っています。



なぜなら、長期間入居しているということは、家賃以外の不満がなく、

家賃を現行水準にすれば、継続して住んでもらえる可能性が高いからです。



決裂して空室になり、リフォーム&再募集の手間とコストを考えたら、

家賃を下げてでも住み続けてもらう方が双方にとって得策かなと思います。



家賃を下げる代わりに室内の設備投資を新たに行うとかもありですね。

入居者様と柔軟な交渉が必要だと思います。




人気ブログランキング



posted by ゴン at 17:20 | Comment(0) | 脱サラ大家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: